iPhoneXのカラーバリエーション

これまでのiphoneシリーズは、iphone5cの樹脂製のパステルカラーを覗き、ステンレス素材をベースにした、シルバー、ゴールド、ブラック、ローズを中心としたカラーバリエーションを展開し、iphone7では、これまでにないツヤと美しさを持ったジェットブラックが人気となりました。

後に、売り上げの一部が伝染病の撲滅を目指す研究組織へと寄付される活動である、PRODUCTREDに賛同したレッドモデルも登場し、好評となったのも記憶に新しく、つづくiPhoneXでは、どのようなカラーバリエーションが展開されるのか、多くのユーザーが正式発表を待ち望んでいます。ステンレス素材をベースにしたお馴染みのカラーは、それぞれ質実剛健な美しさを持ってはいるものの、上述のレッドモデルの人気ぶりや、パステルカラーのiphone5cが、現在も中古市場で一定の価格を保ちながら人気を博していることからも、多くのユーザーが、新しいカラーバリエーションを求めていることが分かります。

そんな中で、次期モデルのiPhoneXでは、従来のカラーに加えて、PRODUCTREDのレッド、さらに鮮やかなブルーや、ピンクのカラーバリエーションが増えると予想されています。


スペックとしてはiphone7までのモデルで十分だと考えている層のユーザーにとっても、自分の好みのカラーが加わることがあれば、iPhoneXへ移行を検討するに足りる大きな要素となります。

iPhoneXは、2017年秋頃に発売が予想されているiphoneシリーズの最新機種です。


これまでのiphoneシリーズの上位互換モデルの発売は、大体1年後というケースが多かったりします。

そのためその流れから、海外メディアの多くは、iphone7が発売された、2016年9月の1年後である、2017年9月頃に、iPhoneXが発売されるのでは、との予想を出しています。


そんな中、海外メディアは、iPhoneXの発売時期だけでなく機能に関する特徴も様々な形で予想しており、インターネットを使えば、日本でも情報収集が可能です。

まず画面の大きさですが、4.7インチと5.5インチの2種類が用意されると予想されています。

ただし海外メディアの中には、有機ELディスプレイに変更されたモデルも発売されるのでは、と予想している所も少なくありません。

画面が有機ELディスプレイとなれば、省電力化や軽量化も期待出来る事から、注目を集めています。

更に順当に予想されているのが、CPUの性能がiphone7よりも向上する事です。
もっともiphone7自体、安定した動作でしかも高性能に処理出来るCPUを備えており、使い勝手は非常に優れています。

ですがiPhoneXは、CPUの向上により、一層快適な動作が実現する事が期待可能です。加えて機能面では、iphone7で遂に搭載された防水性能ですが、そちらの機能もより向上するのでは、との予想が見られます。

初めてでもわかりやすい、iphoneXの情報を利用しない手はないです。

iPhoneXは人気のiPhoneシリーズの最新作ということもあって、大ヒットが約束されたようなものですが、それだけにこの機種を選ぶメリットは非常に大きいといえます。

最新のiPhoneXを持つことでいち早く時代の最先端の技術を知ることができることに加えて、周りの人から注目を集めることができます。所有欲を満たしてくれるというのが、iPhoneXの大きな特徴であり大きなメリットともなります。次に最新機種を選ぶというのは未知の不具合の心配があるのですが、使用者が多いだけに何かトラブルがあってもすぐに情報が出回ることになるのでトラブルを過剰に心配しすぎる必要がないという利点があります。
使用する人が少ないと問題が発生したときにも情報を得ることができずに、何が悪いのか判断することができずに対処法に困ってしまいやすいという問題があります。

使用者の数が多ければ最新機種であっても、すぐに情報を手に入れることができるので、何が悪いのかを判断することができトラブルの対処をしやすいというのも見逃せない利点となります。

長く使い続けることができるので、結果的に経済的というのもメリットのひとつといえます。



高性能で新しい状態の最新機種を使うわけですから、古い機種を選ぶよりも長く使うことができることになるので、購入時の金額は高いと思っても、長い目で見た場合には安上がりとなるので長く使って費用を抑えたい人にも最適です。

2017年秋に、新型のモデルであるiPhoneXが発売されます。

具体的なスペックやデザインは公表されていませんが、既に部品の製造が始められているのでボディに関しての情報が明らかになっています。
現行モデルのiphone7ではアルミ合金製のボディでしたが、iPhoneXではガラス製に変わります。
ボディが金属からガラス製に変わることは、見た目の美しさ以外に機能面で大幅に変更が加えられる可能性があります。iPhoneXのボディがアルミよりも耐衝撃性に弱いガラスになるということは、ワイヤレス充電機能が搭載される可能性が高いことを意味します。アンドロイドのスマートフォンでは既にワイヤレス充電機能が搭載されている機種が発売されていて、充電器の上に置くだけで充電ができる仕組みになっています。ワイヤレス充電機能を搭載する場合には金属製のボディが使えないため、どうしても不導体にする必要があります。

衝撃に対する強度の問題があるのにあえてガラス製のボディに変更したことで、非接触給電機能が搭載される可能性が高いことが分かります。ボディがガラス製になると表面に傷がつきにくくなります。



そのため、長い間使用し続けても新品の時のように美しい外観を保つことができます。

ただしガラスは金属よりも耐衝撃性の点で不利なので、衝撃を受けても損傷を与えないようにするために、ケースに何らかの改良が加えられる可能性もあります。